ダイソーのグリル敷石で煙を出さずに美味しく焼けて臭いもでない

ダイソーのグリル敷石の使い方や捨て方とかいろいろ

【購入理由】

グリルを使用する際に片付けが若干面倒なことがネックであり、いいのないかなぁと探していた時に友人宅にてグリルに使用してて、おススメだとの事だったので100円だし失敗してもいいや感覚で購入しました。

【商品説明】

グリルの受け皿に石を敷き詰めるだけで、消臭脱臭効果・遠赤外線効果が期待できる。

通常で焼くより時間短縮の効果もあるようです。

受け皿に水を張るタイプのグリルでも水は張らないタイプでも両方使用できます。

脂がグリル受け皿に直接落ちないので、掃除も以前よりラクになります。

【具体例や使用例】

網の上に焼くものを乗せて焼くと脂があるものは受け皿に落ちて臭いやベタつきが出ていたと思いますが、グリル受け皿にこの石を敷き詰めるだけで、落ちた脂が石に付着し臭いがに軽減します。

何回か使用を続けると石が黒くなって来るので、黒くなった石を取り除いて残りの綺麗な石をかき混ぜて再度使用します。

5回ぐらい使うと効果がだいぶ無くなりますので、そしてら燃えないゴミで捨てるだけです。

網は毎回使用後に洗う必要はありますので、そこの掃除は忘れないでください。

【おすすめのまとめや結論】

グリル皿にアルミホイルを敷いて石を敷き詰めるだけで消臭脱臭効果・赤外線効果があり、また掃除もラクになります。

ベタつきと魚を焼いた後の臭いがグリル内に残るのがグリルの厄介さだと思いますが、それが100円で効果が得られるので試してみいただけたらと思います。

敷きつめた石ですが使用頻度が増えてくると徐々に石が黒くなりますので、黒くなった石を取り除いて、残りの綺麗な石を再度混ぜて何回か使用して下さい。

5回ほど使用したら、燃えないゴミに捨てて新しい石を再度敷きなおすだけです。

同じ石を1ヶ月とか使っていると多分庫内は臭いがついてしまうと思うので、なるべく頻度よく交換した方がよいと思います。

天然ゼオライト石なので庭先などでお花や家庭菜園などやられている方燃えないゴミではなく肥料としても使えるとそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする